通信制高校とは何か

文部科学省が開示している資料「アンケートと訪問調査からみる通信制高校と学校評価の課題」(※PDFファイルが別窓で開く)によると、通信制高校が抱える課題に「進学希望者の学力向上」を挙げてる人が15%もいるそうだ。このように学力面に不安がある通信制高校だが、そんな通信制高校から難関大学を狙い、合格を果たしたところがある。そこを売りにしている高校はひとつしかない。そこは単位制、定時制などの専門でこの手の部門にはたけているところである。そこの指導方法は知るよしもないが、他のところと違い、納めればいいわけではなく、進学を目標としているところである。そこを売りにしているのは珍しい。そこから教育革新がある。どこでも努力さえあれば立派な大学へ行けるということである。立派なところへ進学できるというのは自分の自信に繋がるし、親としては誇りであったり、誉れである。誰だっていいところへいきたい、それを見事に叶えたと言える。高等教育の全てを通信制高校ながらも理解していることは立派なことだと感じることがあった。結局は努力さえあれば動くのだ。

通信制高校にみんないっている

わたしは今現在とある住まいで家族何人かで一緒に生活しておりますが、その家族みんなに少し珍しい共通点が存在しております。その少し珍しい共通点とはみんなが通信制高校というものを利用していたり、また過去に利用していたというもので周りに聞いてみてもあまりそのようなケースがありませんでしたのでそれなりに珍しいと思っておりました。実際に通信制高校というものを利用してみて家族みんながとても素晴らしいものであると思っておりますが、特にシステム面は非常に勉強しやすいのでどんどん頭に知識が入ってくるとみんな口をそろえて言っております。これから先も家族というものがどんどん増えていくことになると思いますが、やはり他の家族にも是非とも通信制高校というものを利用して一生懸命に勉強を行ってもらいたいと強く考えております。

メニュー